So-net無料ブログ作成
1/700 戦艦三笠 ブログトップ

シールズモデルズ 1/700 戦艦 三笠 [1/700 戦艦三笠]

いまさらですが、三笠完成しましたので画像をペタリ。

シールズモデルズ 1/700 日本海軍 戦艦 三笠

IMG_2276.JPG

横須賀に行く機会があったので、実物を見に行ったり
色々と楽しかったですねぇ‥(遠い目

IMG_2264.JPG

IMG_2263.JPG

IMG_2261.JPG

IMG_2261.JPG

多少知識のついてきた今なら、もう少しあれこれ手を入れたいところ。
それはまた竣工時とか別仕様を作る時に活かしたいなと‥。

IMG_2280.JPG

IMG_2282.JPG

IMG_2279.JPG

使ったのはピットロードのエッチングと、ライオンロアや
フライホークの手すりエッチング、あとは金属線や金属パイプw
艦載艇やカッターはキットパーツをちまちまとディテールアップ。

IMG_2275.JPG

IMG_2277.JPG

張り線も初めてでしたけど、どうにかこうにか。
や、頭で考えるより手を動かせって感じですねぇ‥。

IMG_2291.JPG

IMG_2292.JPG

というわけで、しっかり手を入れて艦船模型を弄るのは初めてでしたが
どうにかこうにかカタチになりました。

これを作っている間にあれこれ買ってキットも積みあがったし、
次はどんなフネを作ろうかな‥。


坂の上の雲 第3部 ブルーレイBOX [Blu-ray]

坂の上の雲 第3部 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



三笠進捗 [1/700 戦艦三笠]

完成はしているシールズの『三笠』ですが、
途中経過の画像があるので貼っておきます。

IMG_1789.JPG

艦首ホースパイプからアンカーベッドにかけて
主鎖のモールドがあります。
これを削り落として金属に・・とは考えたのですが、
このサイズの艦船に見合ったサイズのチェーンも無く
(市販の細かいチェーンでもオーバーに感じたので・・)
そのままとしました。

IMG_1791.JPG

手近にあった鎖のエッチングを塗って
それっぽく・・と思ったのですが、やっぱりボツw
好みはあると思いますが、表現って難しいです(><)

IMG_1763.JPG

マスト、クロスツリーはこんな感じで。
製作当時はそれほど知識も無く、
色々と調べたり本を買ったりしましたね。

IMG_1766.JPG

防雷網展張棹も良い感じ。
作り替えて良かったと思った部分です。

IMG_1797.JPG

塗り上がってくると、俄然盛り上がりますよねw
ざっくりと仕上がって、空中線を張るまでが長かったです・・。

 

三笠近況 [1/700 戦艦三笠]

というわけで、ぼちぼちと進めている『三笠』です。
まぁ、バイクとかどうしたって話もありますけどね?(汗

IMG_1512.JPG

まずは舷側にある防雷網展張棹。
このままでも良いかなーとも思ったのですが、
せっかくなので置き換えてみます。
棹部分のモールドを削り落としてプラストラクトの丸棒に置き換え。
基部には0.3mmの洋白を植えています。

IMG_1506.JPG

で、息抜きに甲板を塗ってみましたよ。
白>甲板色>マスキング>軍艦色という手順は
別段どうって事無いんでしょうけれど、マスキングが大変でしたよ。
なんだか青っぽいのは、ピットロードの呉工廠色を使ったからですな…

IMG_1790.JPG

通気筒も塗りました。
やっぱり削り込んでシャープにしていてよかったなと思いますね(w
黒を落とした濃い目の赤>マスキングゾル>軍艦色です。

IMG_1775.JPG

そして艦橋も塗装。
フライングデッキ上の指揮所なんかはエッチングパーツですね。
あとは手すりを貼らなくちゃ…
ちゃんと貼れるかどうか不安ですね…

さて、ちょっとずつゴールが見えてきたような気がしますよー

ちょっと進んでいますよ [1/700 戦艦三笠]

という訳でまたもや生存報告っぽくなっています(w
2月末はワンフェスに行ってきました。
春一番が吹いていたらしく、もの凄く寒くて風が強かったですねー
会場は相変わらずの人手だったのであまり見て回れなかったですが、
その前後で結構遊んできました。
以前から一度行きたかった船の科学館にも行けて、
かなり楽しかったです。

IMG_1643.JPG

で、今回の買い物はこの辺りです。
…ワンフェスに行ってきたんですよ?(w

手すりは友人が薦めてくれたゴールドメダルを
探してみたんですが、結局見つからずにライオンロアの
手すりを購入。使用感はどうなんでしょうかね?
その他、地元では入手し難い細手の真鍮線など、
細々したものを購入してきました。


バイク模型はあいかわらず停滞していて、
かわりに三笠をぼちぼち進めています。

IMG_1498.JPG

マストは折りそうで怖かったので、真鍮線の半田組み。
もう少し細くしたほうが精密に見えたかも…
そんな細かい反省点が其処彼処にあるのですが、
それらは今後フィードバックしていきたいです。
あと、日本海海戦時の写真を見ると前部マストに
デリックが無い(っぽい)ので、これは取っ払う予定。

11609589.jpg

大小の通風筒は開口部をリューターで深く掘って、
エルボ部分のラインもペーパーで整形しました。
開口部の補強材は確認できなかったのでつけない方向です。

IMG_1646.JPG

探照灯はレンズ部分をリューターで掘って整形、
黒⇒アルクラッドの手順で銀塗装をした後に
透明樹脂を充填しています。
お金が無いので手間をかけるって事ですな。

IMG_1804.JPG

艦載艇。
大きい方の水雷艇は上下分割なので継ぎ目消し。
窓が抜きの都合で寝惚けていたので、
0.5mmのドリルで軽く掘っておきました。
後は煙突を真鍮パイプに置き換えます。
シャープになっていいですね。




…こう考えると、結構やること多いですよねぇ。
数が多い部分は反復作業がちょっと大変ー
高射砲の多い艦とか眩暈がしますね…orz
とりあえず下手なリに完成を目指していこうと思いますよ。

次こそは塗装し始めた写真載せたいよな!!

ついうっかり [1/700 戦艦三笠]

こんなキットを購入してます。


シールズモデルの1/700『三笠』
以前からハセガワの1/350を欲しいと思っていたところに
中古店で安くあったので1/700ですが入手~
結局この後1/350も入手しているんですけれどね(w

○ 製作の話
日清・日露戦争は『坂の上の雲』とかを読んでいるので
時代背景には多少の知識はあるんですが、
それは人物や歴史な訳で、実艦のディテールについては
ほとんど知識を持ち合わせていません。
そんな訳で、書籍を読んだりして調べようと
あれこれ本を探しに図書館や古書店に行っています。
案外これが一番楽しい時間じゃないかなぁ…と。
ほら、専門用語とかも解ると俄然楽しくなるでしょ?

○ 製作開始
パッと見の印象は思った以上に精密というか、
細かくて良い感じです。甲板も凹モールドなんですねぇ。
まずは船体を貼り合わせて、船底に穴開けとナット埋め。
完成後にボルト留めできるようにしておきました。

船体と甲板を仮組みすると、やや合いが渋いので擦り合わせ。
バーペットの防盾(?)も継ぎ目を消しておきましたよ。
艦船模型って縮尺が大きいので、ちょっとしたズレが積み重なって
取り返しのつかない誤差になりそうで怖いですね。

主砲の砲身を開口しました。
やっぱり開口していないと格好悪いですよねぇ?


両舷の15cm砲は0.4mm真鍮パイプに置き換え。
75mm単装砲の砲身も0.3mmの真鍮パイプに置き換えていますが、
手間対効果を考えると真鍮線でよかったかも…


舷側の防雷網展張棹はそのままにしておこうと思ったのですが、
艦船モデラーの友人に「置き換えたら良い感じになるよ」と言われ
モールドを削り落として0.3mmのプラ棒に置き換えましたよ。
棹の基部は0,4mmの洋白線を植えました。
ん、思った以上に精密感が増して良い感じです。

…というわけで、とりあえずはここまで。
息抜きがてらにちまちま製作しているので、なかなか進みませんね。
数が多いですし、小さくて肩こりますし。
でも、全てが新鮮で楽しかったりします。
できる所から塗装に入って、頑張って完成を目指しますよ!

あ、バイク模型も完成させなきゃ…


1/700 戦艦三笠 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。